世界では、定期的にポーカーのトーナメントが行われています。その件数は、年間で数万件にものぼるほどです。オンラインでのトーナメントも含めると、さらに膨大な件数となっていますが、そのすべてが質の高い大会というわけではありません。それでも選択肢が豊富にあることは確かです。

「定番」のライブテーブルゲームとは異なり、より注目度の高いトーナメントも各種開催されています。その種のイベントには世界最高峰のポーカープレイヤーたちが参加し、高額のバイインが求められますが、ボーナスで還元される形式のトーナメントとなっています。

多くのカジノプレイヤーがこの手のライブ大会だけを目的にしています。本記事では、ワールドシリーズオブポーカーとワールドポーカーツアーの2つに絞ってご紹介します。

本記事では、これらの大会に多額の参加費を払うことに同意することなしに参加登録をする方法や、またトーナメント参加にあたっての注意点をご紹介します。

ワールドシリーズオブポーカー (WSOP)

The World Series of Poker(WSOP)は世界最大のポーカートーナメントです。通常6月から7月の数週間にわたって行われ、様々な競技が繰り広げられた後に、最終のメインイベントの幕が開かれます。

1970年に始まって以来、開催される競技数と参加人数は大幅に増加し続けてきました。初期のWSOPは、リクエストが合った場合にのみ開催され、その時点でのトッププレイヤーしか参加ができないルールでした。

現在のWSOPはその頃のものと比べると様変わりしました。このイベントはCaesars Casino(シーザーズ・カジノ)によって主催され、Rio Hotel and Casino(リオホテル・アンド・カジノ)が会場として利用されています。

メインイベントには数百人が出場し、数千ユーロに始まる賞金を狙って戦います。ワールドシリーズオブポーカーでは、他にも数百におよぶ多彩な競技が開催され、多くの参加者が腕をふるう姿がテレビでも中継されています。

ワールドポーカーツアー

ワールドポーカーツアー(WPT)は世界各地で行われる複数のイベントからなる大会です。トーナメントの形式は年によって異なりますが、どの大会においてもWPTグランドファイナルはシリーズの最後に必ず開催されています。

ヨーロピアンポーカーツアー

ヨーロピアンポーカーツアーは、ヨーロッパの各都市で開催される国際トーナメントシリーズです。大会の告知や開催地は毎年異なります。このツアーは2004年の誕生以来、毎年平均して8つの大会を開催しています。

EPTの各主要大会では、約5,000ユーロの賞金が設定されており、それより大きな賞金が出る大会もあります。また、大会には多様で少しバイインの低い競技も設定されているのが普通です。

アジアパシフィックポーカーツアー

2007年に始まったアジアパシフィックポーカーツアー(APPT)は、この地域で最大のツアーでしたが、現在でも最大のギャンブルトーナメントであり続けています。初回の大会数はわずか4つでしたが、2014年のピーク時には12大会が開催されました。

同ツアーは中国と韓国で初の組織的で大規模なオンラインポーカー大会となったことが評価され、両国における実店舗でのポーカー市場の大幅な改善にも貢献しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *